アマチュア無線クラブ

アマチュア無線クラブと社団局

2009年6月22日 05:43 | コメント(0) | トラックバック(0)

アマチュア無線では、無線従事者の資格を取得すれば、「アマチュア無線局」を開局できます。

アマチュア無線局には、個人局と社団局があり、社団局とは、学校や職場、地域などのアマチュア無線クラブが開設するアマチュア無線局のことを言います。

社団局を開設するには、まず「定款」とよばれる規則を制定し、クラブ員名簿を提出します(会長と幹事、構成員が各1名ずつ、最低3名必要)。無線機器(設備)はメンバーの持ち寄りでもいいですし、別途購入してもOKですが、既に他局で免許登録されている機器は重複して申請することはできません。

設備はクラブ会員であればいつでも自由に使うことができます。ただし、例えば社団局が2級相当の免許を受けていいても、4級の資格しかもっていないクラブ員は、2級に相当する設備は使用できないので注意しましょう。

アマチュア無線クラブのすべてが社団局を開設しているというわけではなく、むしろ社団局を持たないクラブのほうが多いのが現状です。しかし、社団局を開設しているクラブの中には、市の防災訓練や連盟の支部大会に参加したり、クラブ内の講習会、移動運用、アマチュア無線をやってみたいという人の相談に乗ったりなど、積極的に活動しているアマチュア無線クラブもあります。

 

 クラゲよけローション  創価学会員の芸能人
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

アマチュア無線クラブとは
アマチュア無線クラブとは、アマチュア無線を行っている者同士が集まり作っているサー...
アマチュア無線クラブと社団局
アマチュア無線では、無線従事者の資格を取得すれば、「アマチュア無線局」を開局でき...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yosinc.com/mt2/mt-tb.cgi/1037

コメントする

このサイトを購読する