コールサイン

アマチュア無線のコールサインとは

2009年6月22日 05:42 | コメント(0) | トラックバック(0)

アマチュア無線におけるコールサインとは、個々の無線局に割り当てられた識別信号のことを言います。

コールサインには、国や地域、運用者を特定するための割り当て法則があります。

コールサインは、まずプリフィックスとサフィックスに分けられます。プリフィックスは、国や地域に割り当てられており、これはさらに、国際字列とエリアナンバーに分けられています。

サフィックスは、アルファベット(A~Z)の組合せで、AAA・AAB・AAC...というようにアルファベット順に割り当てられます。このアルファベットの1番目をトップレター(ファーストレター)、2番目をミドルレター(セカンドレター)、3番目をラストレター(テールレター)とも言います。

具体的に説明すると、JA1AAAという識別信号の場合、JAが国、1がエリアナンバー、AAAがサフィックスで各無線局に割り当てられている信号です。

 

 骨伝導ヘッドフォン  解雇予告手当
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

アマチュア無線のコールサインとは
アマチュア無線におけるコールサインとは、個々の無線局に割り当てられた識別信号のこ...
コールサイン、プリフィックスとサフィックス
アマチュア無線におけるコールサインとは、無線局を識別するための、重複しない一意の...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yosinc.com/mt2/mt-tb.cgi/1036

コメントする

このサイトを購読する