コールサイン

コールサイン、プリフィックスとサフィックス

2009年6月22日 05:39 | コメント(0) | トラックバック(0)

アマチュア無線におけるコールサインとは、無線局を識別するための、重複しない一意の文字列のこと。

コールサインは、プリフィックスとサフィックスに分けられていることを前述しましたが、さらに詳しく見ていきましょう。

プリフィックスの日本の割り当て字列(国際字列)は、JA~JS、7J~7N、8J~8N。8Jは特別記念局、関東は7K・7L・7M・7N、小笠原はJDが割り当てられます。JBとJCはアマチュアには使用されていません。また記念局以外希望の文字列の付与はしていません。

エリアナンバー(地域番号)は、無線局の所在地で、日本の場合は、各地方総合通信局の管轄地域を表しています。北海道(8)、東北(7)、関東(1)、信越(0)、北陸(9)、東海(2)、近畿(3)、中国(4)、四国(5)、九州(6)。ただし、例外として7K~7Nは1~4の数字が割り当てられていますが、これらはエリアに関係なく、すべて関東のものです。

サフィックスで、A、Xで始まる文字は個人局、Y、Zは社団局です。また古い個人局には2文字の局も存在します。Q符号と重なるQRA~QTZおよび遭難信号などのSOS、OSOは交付されません。

なお、関東、東海、近畿、九州ではコールサインが不足し、閉局したものを再交付しています。

 

 キタカ  マタニティマーク
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

アマチュア無線のコールサインとは
アマチュア無線におけるコールサインとは、個々の無線局に割り当てられた識別信号のこ...
コールサイン、プリフィックスとサフィックス
アマチュア無線におけるコールサインとは、無線局を識別するための、重複しない一意の...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yosinc.com/mt2/mt-tb.cgi/1035

コメントする

このサイトを購読する