コールサイン

アマチュア無線におけるコールサインとは、個々の無線局に割り当てられた識別信号のことを言います。

コールサインには、国や地域、運用者を特定するための割り当て法則があります。

コールサインは、まずプリフィックスとサフィックスに分けられます。プリフィックスは、国や地域に割り当てられており、これはさらに、国際字列とエリアナンバーに分けられています。

サフィックスは、アルファベット(A~Z)の組合せで、AAA・AAB・AAC...というようにアルファベット順に割り当てられます。このアルファベットの1番目をトップレター(ファーストレター)、2番目をミドルレター(セカンドレター)、3番目をラストレター(テールレター)とも言います。

具体的に説明すると、JA1AAAという識別信号の場合、JAが国、1がエリアナンバー、AAAがサフィックスで各無線局に割り当てられている信号です。

 

 骨伝導ヘッドフォン  解雇予告手当

アマチュア無線におけるコールサインとは、無線局を識別するための、重複しない一意の文字列のこと。

コールサインは、プリフィックスとサフィックスに分けられていることを前述しましたが、さらに詳しく見ていきましょう。

プリフィックスの日本の割り当て字列(国際字列)は、JA~JS、7J~7N、8J~8N。8Jは特別記念局、関東は7K・7L・7M・7N、小笠原はJDが割り当てられます。JBとJCはアマチュアには使用されていません。また記念局以外希望の文字列の付与はしていません。

エリアナンバー(地域番号)は、無線局の所在地で、日本の場合は、各地方総合通信局の管轄地域を表しています。北海道(8)、東北(7)、関東(1)、信越(0)、北陸(9)、東海(2)、近畿(3)、中国(4)、四国(5)、九州(6)。ただし、例外として7K~7Nは1~4の数字が割り当てられていますが、これらはエリアに関係なく、すべて関東のものです。

サフィックスで、A、Xで始まる文字は個人局、Y、Zは社団局です。また古い個人局には2文字の局も存在します。Q符号と重なるQRA~QTZおよび遭難信号などのSOS、OSOは交付されません。

なお、関東、東海、近畿、九州ではコールサインが不足し、閉局したものを再交付しています。

 

 キタカ  マタニティマーク

このサイトを購読する

2009年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

文字サイズ変更

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • lvedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録