パケット通信

アマチュア無線のパケット通信とは

2009年6月22日 05:37 | コメント(0) | トラックバック(0)

アマチュア無線におけるパケット通信とは、パケットと呼ばれる比較的短いブロックにデータを分割して送信するデジタル無線通信のこと。通信料は無料。

パケット通信の特徴は、少量のデータでも効率かつ正確に送・受信できることです。

データは専用交換器TCNに一度蓄積され、パケットと呼ばれる小さな信号単位に配列されます。そして、宛先や送信順位などの信号が付加され、送信先を受け持つ交換器に高速に送信。パケットを受けた交換器は、これを元のデータに戻し、決められた送信先に届けるという仕組みです。

簡単に言えば、パソコン通信は電話回線を使用しているが、アマチュア無線におけるパケット通信は、無線電波を使用しているということです。

パケット通信では、メール、チャット、RBBS(電子掲示板)の開設、記事の発信などができます。インターネットと同じですね。

アマチュア無線でのパケット通信、あなたも楽しんでみませんか。

 

 速攻で痩せるダイエット法  週末頭痛
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

アマチュア無線のパケット通信とは
アマチュア無線におけるパケット通信とは、パケットと呼ばれる比較的短いブロックにデ...
アマチュア無線のパケット通信
アマチュア無線のパケット通信とは、データをパケットにしてパケット交換機に蓄積、相...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yosinc.com/mt2/mt-tb.cgi/1034

コメントする

このサイトを購読する