周波数

主な周波数の特徴

2009年6月22日 05:30 | コメント(0) | トラックバック(0)

アマチュア無線では運用できる周波数帯(バンド)が決められており、周波数ごとにさまざまな特徴があります。では、どのような特徴があるのでしょうか。運用の多い周波数帯について説明しましょう。

・HF帯~1.9MHz帯、18MHz帯は、3級免許以上が必要。10MHz帯と14MHz帯は2級以上の免許が必要。1.9MHz帯とよく似た性質の電波で3.5/3.8は夜間帯、特に夕方と早朝によく飛ぶ。7MHz帯は一番人気のあるバンドで一日中国内の遠距離交信が盛ん。21MHz帯は混信が少なく初心者でも運用が容易。28MHz帯はFMモードによる交信が許可されている。

・VHF帯~50MHz帯は太陽活動が盛んになると地球の裏側との交信も可能となる場合がある。運用者のマナーがいい。144MHz帯はFMモードを中心に利用者が最も多い。

・UHF帯~430MHz帯は都市部での利用者が多い。見通し距離による交信が基本。

遠くの知らない国の人と突然通信ができるというのはおもしろそうですね。しかし、電波は公共のもの。長時間の通信は避けるようにしましょう。また、アマチュア無線は一般の電話と違い多くの人が聞いているということもお忘れなく。

 

 簡単ダイエット  顔の脱毛  増毛・育毛
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

アマチュア無線の周波数
アマチュア無線では、割り当てられた周波数があり、アマチュアバンドおよびハムバンド...
主な周波数の特徴
アマチュア無線では運用できる周波数帯(バンド)が決められており、周波数ごとにさま...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yosinc.com/mt2/mt-tb.cgi/1031

コメントする

このサイトを購読する