周波数

アマチュア無線では、割り当てられた周波数があり、アマチュアバンドおよびハムバンドとも呼んでいます。

アマチュア無線で運用できる周波数は、たいへん多くそれぞれの周波数帯(バンド)において電波伝播の特徴が異なります。また、それぞれのバンドにおいて上限および下限が定められています。

アマチュア無線の使用が許可されている周波数は、以下の通り。
・MF帯~1.9MHz帯
・HF帯~3.5MHz帯 3.8MHz帯 7MHz帯 10MHz帯 14MHz帯 18MHz帯 21MHz帯 24MHz帯 28MHz帯
・VHF帯~50MHz帯 144MHz帯
・UHF帯~430MHz帯 1200MHz帯 2400MHz帯
・SHF帯~5600MHz帯 10.1GHz帯 10.4GHz帯 24GHz帯 47GHz帯 75GHz帯 142GHz帯 248GHz帯
なお詳細なバンド区分については、以下を参照してください。
日本アマチュア無線連盟「バンドプラン」
http://www.jarl.or.jp/Japanese/A_Shiryo/A-3_Band_Plan/A-3-0.htm

 

 顔のたるみを解消  肌荒れの対策  髪の傷み

アマチュア無線では運用できる周波数帯(バンド)が決められており、周波数ごとにさまざまな特徴があります。では、どのような特徴があるのでしょうか。運用の多い周波数帯について説明しましょう。

・HF帯~1.9MHz帯、18MHz帯は、3級免許以上が必要。10MHz帯と14MHz帯は2級以上の免許が必要。1.9MHz帯とよく似た性質の電波で3.5/3.8は夜間帯、特に夕方と早朝によく飛ぶ。7MHz帯は一番人気のあるバンドで一日中国内の遠距離交信が盛ん。21MHz帯は混信が少なく初心者でも運用が容易。28MHz帯はFMモードによる交信が許可されている。

・VHF帯~50MHz帯は太陽活動が盛んになると地球の裏側との交信も可能となる場合がある。運用者のマナーがいい。144MHz帯はFMモードを中心に利用者が最も多い。

・UHF帯~430MHz帯は都市部での利用者が多い。見通し距離による交信が基本。

遠くの知らない国の人と突然通信ができるというのはおもしろそうですね。しかし、電波は公共のもの。長時間の通信は避けるようにしましょう。また、アマチュア無線は一般の電話と違い多くの人が聞いているということもお忘れなく。

 

 簡単ダイエット  顔の脱毛  増毛・育毛

このサイトを購読する

2009年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

文字サイズ変更

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • lvedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録