アマチュア無線技士

アマチュア無線技士とは

2009年6月22日 05:16 | コメント(0) | トラックバック(0)

アマチュア無線技士とは、総務省の無線従事者資格の一つ。個人の趣味として通信を行ったり、機器の研究を行うもので、この資格では営利目的業務の無線設備の通信操作・技術操作はできません。

アマチュア無線技士は、操作範囲により第1級から第4級までの4種類があり、合格率は、4級が約65%、3級が約53%、2級が約30%、1級が約22%くらい。試験は年齢や学歴などを問わず誰でも気軽に受験することができます。

インターネットが普及しアマチュア無線人口はいくぶん減少傾向ですが、しかしアマチュア無線の人気はまだまだ根強いものがあります。国内はもちろん、世界中の人々と交信することができるという、インターネットとは、また違う独特の、楽しさがあるのがアマチュア無線の醍醐味なのでしょう。

また、大地震などの災害・非常時に有効な通信網として、近年アマチュア無線技士は注目を集めています。

あなたも、アマチュア無線技士の資格を取り、世界中の人と交信してみませんか。

 

 東京ミッドタウン  リクルートスタッフィングで探す転職
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

アマチュア無線技士とは
アマチュア無線技士とは、総務省の無線従事者資格の一つ。個人の趣味として通信を行っ...
アマチュア無線技士の操作範囲
アマチュア無線技士には操作範囲により第1級から第4級まであります。それぞれの操作...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yosinc.com/mt2/mt-tb.cgi/1024

コメントする

このサイトを購読する