アマチュア無線技士

アマチュア無線技士の操作範囲

2009年6月22日 05:12 | コメント(0) | トラックバック(0)

アマチュア無線技士には操作範囲により第1級から第4級まであります。それぞれの操作範囲について説明しましょう。

・第1級アマチュア無線技士(略称:1アマ)
アマチュア無線局のすべての無線装置の操作が行える。しかし、実際には1000Wを超える無線設備の開設は難しい。

・第2級アマチュア無線技士(略称:2アマ)
すべてのアマチュアバンドで運用可能。空中線電力200W以下の無線設備の操作。

第3級アマチュア無線技士(略称:3アマ)
アマチュアバンドのうち、10、14MHz帯を除くすべてのバンドで運用可能。空中線電力50W以下で18MHz以上または8MHz以下の周波数の電波を使用する無線設備の操作。

・第4級アマチュア無線技士(略称:4アマ)
空中線電力10W以下の無線設備で21MHzから30MHzまで、または8MHz以下の周波数の電波を使用するもの、空中線電力20W以下の無線設備で30MHzを超える周波数の電波を使用するものの操作。モールス信号はできない。

以上、まずは第4級のアマチュア無線技士の資格を取得し、アマチュア無線を楽しみながら必要に応じて、上級へと進んでいくといいでしょう。

 

 totoBIG  totoBIG攻略法  totoBIGとは
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

アマチュア無線技士とは
アマチュア無線技士とは、総務省の無線従事者資格の一つ。個人の趣味として通信を行っ...
アマチュア無線技士の操作範囲
アマチュア無線技士には操作範囲により第1級から第4級まであります。それぞれの操作...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yosinc.com/mt2/mt-tb.cgi/1023

コメントする

このサイトを購読する