アマチュア無線とは、事業や金銭目的ではなく、同好の仲間との対話などを楽しむために、主に個人が趣味として行う無線のこと。アマチュア無線またはアマチュア無線をやっている人のことを「ハム」とも言います。

アマチュア無線を行うには免許が必要ですが、資格取得に年齢制限がなく、世代を問わずに楽しめる趣味と言えます。

日本でのアマチュア無線の歴史は、大正末期に「私設無線電信無線電話実験局」として認可されたことから始まり、現在は第2位のアメリカを大きく引き離し、世界一のアマチュア無線王国に。平成18年3月時点で、約56万局におよぶアマチュア無線局が日本各地に存在しています。

アマチュア無線の資格は、相互運用協定に合意した国の間では国際的に通用し、海外でもアマチュア無線を行うことができます。世界にはアマチュア無線局が230万局以上あり、外国との国際交流にも役立っています。

このサイトを購読する